濃藍の空
作詞:卓磨 作曲:shunshun

臆病から耳を塞いで
目を閉じるとまぶた映る陽炎は
すり抜けて
手の感触はまだあの日のまま

傷をつけた数 傷が痛むなら
これまでどれほど重ねたのだろう
“前”を見つめたら溢れて伝うの
理由わからずに

どこまでも広げてく濃藍の空
心を濡らし溶かした夜は独りきりでも
此処じゃまだ見えはしないその日のため
指折り数えて焦がれてる果てのない明日へ

気がつけない全ての優しさ見えないから
繰り返す弱さ消せはしない

大切なものまで置いてきてみても
それでも軽くならない
それほどの想いが在るのかな

雨粒が時を刻んでたみたい
濡れたあの場所に今日は座れない
立ち尽くしたまま見つめた視界は夜に包まれて

どこまでも広げてく濃藍の空
月夜は時に心を優しく照らすから
ここじゃまだ聞こえないあなたの声
心を澄まして焦がれてる果てのない明日へ

夜に奏で静まる世界に
心に射せこの音の先に